病院

ワクチンとフィラリア予防

9月
二度目の病院は保護主さんから頂いた風邪薬が終わる頃に
経過を診てもらいに行きました。

調子は上々とのこと♪
追加も点眼・点鼻薬だけとなり、予定していたワクチン接種もできるように(*´▽`*)=3
5種と3種ありましたが、3種混合を打ってもらいました。
獣医さんと相談し、完全室内飼いなら大丈夫だろうとのことだったので。

打つ前に、まずは便検査。
結果(-)良かった!瓜実(?)も溶けたのかな♪
初めての注射に、にゃー!と一鳴きするも、意外にすんなり打たせてくれるヨナ。
触診もおとなしくて、本当に『借りてきた猫』みたいで。
お利口だねぇ♪なんて褒められちゃったりもして…。
興奮ないならストレスも少ないのかな。それなら私も安心なのですが…なんだか悔しい。
…家ではやんちゃなくせに。肩乗って髪食べるくせに…!( ノ_=。)
『猫かぶり』に見えるんですがっ…!

初めてのワクチンなので、1ヶ月後にもう一度接種があります。
次も猫かぶりか、本性が出るか。複雑な心境です。

フィラリア予防のレボリューションは頂いて帰ることに。
ワクチンと一緒に滴下しても問題ないそうですが、調子を見たかったので
後日点けることにしました。
帰ってレボリューションの記載をよく読むと2.5kg~用。体重足りませんけどっΣ(・ロ・;)
電話したら間違えたそうで、体重計算した分量を頂きました。
量を分けて処方できるなんて知りませんでした。既製品のみだとばかり。
これで体重少ない子猫も安心して予防できますね☆


分量用、針のない注射器タイプ
P1010356-1.jpg


フィラリア“予防”…と言われてますが、ネットで調べてみると予防してる訳ではなく
今体内にいるフィラリアを殺すための薬だそうですね。
今月点けて、来月まで持続して予防で安心~♪ではなかったのです。
私自身そう思ってたのでちょっとビックリ。
なので、蚊は居ないのに11月下旬位まで滴下する必要がある訳ですね。
10月中のフィラリアを駆除ために。なるほどです~。
1ヶ月毎なのも皮膚や筋肉にいるうちに駆除しないと
成長し血管内に入ったたくさんのフィラリアを薬で殺した際、死骸で血管を詰まらせてしまう
可能性があるからみたいです。こわっ!
田舎で蚊も多いし、しっかり予防してあげないとですね(p`・ω・´q)

ともあれ、病気中だと思わせないほど、いつもヨナは元気いっぱいです♪(´ω`●)
ただ今回頂いた点眼・点鼻薬は、点けてすぐ目のふちが赤くなってしまいました。
もしかすると、アレルギーがあるのかも…。
℡診で点鼻用にし、必要となれば検査してみようということになりました。

◆体重 1.45kg
◆治療費参考(病院によって異なります)
 3種混合ワクチン ¥5,250
(5種混合 〃   ¥8,400)
 レボリューション既製品(2.5kg~) ¥1,360
 点眼・点鼻薬(両方使えるタイプ) ¥840
 レボリューション分量用(1.45kg) ¥840

***ランキング参加中!応援していただけるとうれしいです^^***
バナー作ってみました(○´艸`)


にほんブログ村

人気ブログランキング
スポンサーサイト

瓜実条虫!?

8月
初めて病院に行ったのは、ヨナが来てまもなくのことでした。
(※)ちょっと汚い話になりますので、ご注意ください。


ある夜トイレを使ったので、健康チェックに覗くと、そこになにやら白いものが…うねうね。
Uh-oh...((((・ω・lll)

一旦カバーを閉めて、状況確認。
私「うん。出来たてほやほやだし、湯気だよね~。うんうんうん」
親「何かおったね」
私「…うん(泣)」

という訳で、初めてみた虫(らしきもの)がいたうんちをポリ袋に入れ、翌日朝一で
ヨナを連れて病院に行きました。
本やサイトで習った通り、キャリーケースは初日から出していて
自然と入って遊んだりしてたのでスムーズイン。
けれど車の中ではさすがに、みゃあみゃあ鳴いて、出して出してと暴れてました。
ごめんねヨナ。でも病院まで片道30分。田舎娘も泣きたいんだみゃあお(´・ω・`)

病院で、検査と診察。
結果だけ言えば、虫は見つからなかったそうです。
白い扁平なうねうねは、本当に湯気だった?プチパニックで固まってる間に砂に逃げた…??
謎が深まるばかりですが、心配だったので薬を頂くことにしました。
虫によって効く薬が違うらしく滴下薬と錠剤の2種類で、風邪薬との飲み合わせ悪くないとか
もしいないのに飲んだとしてもヨナは大丈夫とのことでしたので
用心に越したことはないと思い、どちらもお願いしました。
滴下は肩甲骨の間に染み込ませるだけなので簡単でしたが、すべて獣医さんにお願いし
今後の参考にガン見しまくる私*+(゚д゚)
錠剤はびっくりなことに親指の爪くらいあって、ちょっと可哀想でしたが
腹虫撲滅のため止む無し(-人-)
ついでに爪を切ってもらい、食欲が薄かったので食べさせ方に少しウェットを頂きました。

さいごに風邪とワクチンの話をして、お迎えした時にもらったお薬が終わる頃に再診で
経過をみてから接種することになりました。
初診だったのもあってか、エイズ・レボリューションの話や猫のこと、疑問を
色々丁寧に教えてもらい、安心して帰りました♪
やっぱり、トイレ砂総とっかえと除菌をした方がいいみたい。
ヨナはといえば、病院では借りてきた猫のように大人しく、はなく
診察中も台から降りたい!周り気になる!で全然猫被りしない
チェックしたがりさんでしたw

帰り道、またヨナを閉じ込めるのは可哀想だったので、試しに車内放牧。
もちろんいつも以上に安全運転で(。・x・)ゞ
平日昼の田舎道なんて車少ないので、余裕でスロードライブできましたw
知らない空間で興味津々のヨナでしたが
さすがに初めての病院で緊張したのか、そのうち膝元で大人しくなりました。
これなら次回も放牧で、少しは不安和らげそうで私としても安心。
えらいね、ヨナ。

うにゃう(´・ω・`)
SN3G0066-1.jpg

かっ!かわゆす!!(*´Д`)ハァハァ
がんばったご褒美ににぼしあげちゃうぞっ☆
家に着くと機嫌が戻ったので、めいっぱい遊んであげました。
…病院の待ち時間中、私がどれだけ手をかけても不安いっぱいだったのに
帰った瞬間ケロリとされ、これが家に懐くということ…!orzとショックを受けたのは秘密です(笑)

次の日、カチカチうんにょ発見。
割ってみる気にはなりませんでしたが
獣医さんの話では、虫は死滅か溶けてしまうそうで、どの虫にも効くよう2種類使ったし
効果がうんちに現れてるように思えたので、ひとまず腹虫撲滅成功ということでΣd(*´▽`*)
図鑑を見せてもらった時は、一瞬しか見てなくて特定が難しかったのですが
ネットで調べた結果、もしかしたら瓜実条虫だったのかもしれません。
表現が悪いですが、うどんを平たく潰したような、そんな形がうねっとしてたのが片節かも。
その後、ゴマらしきものも家で見つけてしまいましたので決定かもです。
おののくしょうげき。
ですが今は見ていませんので、薬のお陰と安心しています。うんうん。
食欲も出てきて、一件落着なのです。

◆体重 1.3kg
◆治療費参考(病院によって異なります)
 初診料 ¥1,050
 便検査 ¥735
 駆虫薬 ¥1,050
 駆虫薬 ¥735
 風邪の治療には頂いたビブラマイシンと目薬を使用

…ふぅ。初めての連続で緊張しました(● ´ω`)=3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。