スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワクチンとフィラリア予防

9月
二度目の病院は保護主さんから頂いた風邪薬が終わる頃に
経過を診てもらいに行きました。

調子は上々とのこと♪
追加も点眼・点鼻薬だけとなり、予定していたワクチン接種もできるように(*´▽`*)=3
5種と3種ありましたが、3種混合を打ってもらいました。
獣医さんと相談し、完全室内飼いなら大丈夫だろうとのことだったので。

打つ前に、まずは便検査。
結果(-)良かった!瓜実(?)も溶けたのかな♪
初めての注射に、にゃー!と一鳴きするも、意外にすんなり打たせてくれるヨナ。
触診もおとなしくて、本当に『借りてきた猫』みたいで。
お利口だねぇ♪なんて褒められちゃったりもして…。
興奮ないならストレスも少ないのかな。それなら私も安心なのですが…なんだか悔しい。
…家ではやんちゃなくせに。肩乗って髪食べるくせに…!( ノ_=。)
『猫かぶり』に見えるんですがっ…!

初めてのワクチンなので、1ヶ月後にもう一度接種があります。
次も猫かぶりか、本性が出るか。複雑な心境です。

フィラリア予防のレボリューションは頂いて帰ることに。
ワクチンと一緒に滴下しても問題ないそうですが、調子を見たかったので
後日点けることにしました。
帰ってレボリューションの記載をよく読むと2.5kg~用。体重足りませんけどっΣ(・ロ・;)
電話したら間違えたそうで、体重計算した分量を頂きました。
量を分けて処方できるなんて知りませんでした。既製品のみだとばかり。
これで体重少ない子猫も安心して予防できますね☆


分量用、針のない注射器タイプ
P1010356-1.jpg


フィラリア“予防”…と言われてますが、ネットで調べてみると予防してる訳ではなく
今体内にいるフィラリアを殺すための薬だそうですね。
今月点けて、来月まで持続して予防で安心~♪ではなかったのです。
私自身そう思ってたのでちょっとビックリ。
なので、蚊は居ないのに11月下旬位まで滴下する必要がある訳ですね。
10月中のフィラリアを駆除ために。なるほどです~。
1ヶ月毎なのも皮膚や筋肉にいるうちに駆除しないと
成長し血管内に入ったたくさんのフィラリアを薬で殺した際、死骸で血管を詰まらせてしまう
可能性があるからみたいです。こわっ!
田舎で蚊も多いし、しっかり予防してあげないとですね(p`・ω・´q)

ともあれ、病気中だと思わせないほど、いつもヨナは元気いっぱいです♪(´ω`●)
ただ今回頂いた点眼・点鼻薬は、点けてすぐ目のふちが赤くなってしまいました。
もしかすると、アレルギーがあるのかも…。
℡診で点鼻用にし、必要となれば検査してみようということになりました。

◆体重 1.45kg
◆治療費参考(病院によって異なります)
 3種混合ワクチン ¥5,250
(5種混合 〃   ¥8,400)
 レボリューション既製品(2.5kg~) ¥1,360
 点眼・点鼻薬(両方使えるタイプ) ¥840
 レボリューション分量用(1.45kg) ¥840

***ランキング参加中!応援していただけるとうれしいです^^***
バナー作ってみました(○´艸`)


にほんブログ村

人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。